トップ >> デフラグでシステムを改善

デフラグの必要性と利点

デフラグとはハードディスクなどの記憶装置において、ファイルを整頓して空き領域の断片化を解消する処理の事を言います。一般的に記憶装置の情報は書き込みや削除を繰り返す事で断片化が起こり、目的のファイルが異なる領域に分散してしまい読み込み速度の低下を招きます。また、システム上の都合から一時ファイルの領域を確保している場合、書き込みや削除の頻度が上昇する分だけ断片化が起こりやすくなります。現在ではデフラグの機能がパソコンのオペレーティングシステムに標準搭載されています。

インターネットの環境情報