トップ >> インターネットと広告

インターネットで成果を得るには

誰しもインターネットをするようになった現代、プロモーションに効果的なWEBサイトを作ることは難しくなっています。コンバージョンという言葉は、WEBサイトから得られる直接的な成果を指します。企業のサイトでは資料請求や問い合わせ、ネットショップでは購入やメルマガ会員登録にあたります。これらの目的を達成するために何をすればよいか、これを考えることがインターネットによる販促の第一歩です。コンバージョンを得るということは、個人情報を獲得するということが共通点となっています。メールアドレスだけならまだしも、クレジットカードナンバーを書いてもらうのはハードルが上がります。

プロモーションサイトの例

インターネットでコンバージョンを得るには、利用者に個人情報を教えても構わないと思われるほどの興味をひくこと、そして安心感を与えることが重要です。また、せっかく成果を得ることができても、その次につながる対応をしなければ意味がありません。インターネットで販促を行うためのサイトは、以下のように種類があります。企業サイト、店舗サイトは数が多いので、他社との違いをうまく伝えなければなりません。商品情報サイトは、商品を掘り下げて関心を高めるものです。キャンペーンサイトは、テレビ広告などで費用が多くかかります。

インターネットの環境情報